Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://taidoku.blog112.fc2.com/tb.php/4-aa9d0e3a

トラックバック

[T6]

グイン・サーガ『グイン・サーガ』は、栗本薫によるヒロイック・ファンタジー小説。概要豹頭の戦士であるグインを主人公として、架空の世界、架空の時代に生きる、彼を中心とするさまざまな人物の生と死の波乱を描いた大河小説。『三国志』を彷彿とさせるような、国と国との

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

グイン・サーガ作品一覧

■2007年7月15日
グイン・サーガの本を入手する前に、作品の一覧表を作成しました。
必要ないとは思ったのですが、外伝を読むタイミングをどうするか迷っているので日付入りで。

外伝がどの程度の外伝なのかまったく不明なので、決められないんですよね。
本編に登場する人物の話なのか、まったく違った人物(時代など)なのか。
前者なら出版順に読まないと・・・登場人物忘れそうで。
本編に飽きたら外伝に手を伸ばすかなー

一応、この挑戦では作品の前知識をまったく入れずに読み進めようと考えています。
現在グイン・サーガで私が持っている最大知識は「豹の人が主人公(っぽいの)?」というレベル。
しかも疑問系。。。

↓作品一覧へ↓

グイン・サーガ既刊一覧 (2009年4月現在)

著者:栗本薫
出版社: 早川書房

本編:125冊
外伝: 22冊
合計:147冊

■本編 詳細 → Flinker.jp『グイン・サーガ』(栗本 薫 著)

001.豹頭の仮面 (1983/1)
002.荒野の戦士 (1979/10)
003.ノスフェラスの戦い (1980/3)
004.ラゴンの虜囚 (1980/6)
005.辺境の王者 (1980/10)
006.アルゴスの黒太子 (1981/5)
007.望郷の聖双生児 (1981/7)
008.クリスタルの陰謀 (1981/10)
009.紅蓮の島 (1981/12)
010.死の婚礼 (1982/5)
011.草原の風雲児 (1982/9)
012.紅の密使 (1982/11)
013.クリスタルの反乱 (1983/3)
014.復讐の女神 (1983/5)
015.トーラスの戦い (1983/7)
016.パロへの帰還 (1983/9)
017.三人の放浪者 (1984/1)
018.サイロンの悪霊 (1984/1)
019.ノスフェラスの嵐 (1984/10)
020.サリアの娘 (1985/2)
021.黒曜宮の陰謀 (1985/5)
022.運命の一日 (1985/9)
023.風のゆくえ (1985/12)
024.赤い街道の盗賊 (1986/5)
025.パロのワルツ (1986/10)
026.白虹 (1987/2)
027.光の公女 (1987/8)
028.アルセイスの秘密 (1988/5)
029.闇の司祭 (1988/10)
030.サイロンの豹頭将軍 (1989/7)
031.ヤーンの日 (1989/12)
032.ヤヌスの戦い (1990/4)
033.モンゴールの復活 (1990/7)
034.愛の嵐 (1990/10)
035.神の手 (1991/4)
036.剣の誓い (1991/10)
037.クリスタルの婚礼 (1992/2)
038.虹の道 (1992/3)
039.黒い炎 (1992/4)
040.アムネリアの罠 (1992/9)
041.獅子の星座 (1992/12)
042.カレーヌの解逅 (1993/10)
043.エルザイムの戦い (1994/3)
044.炎のアルセイス (1994/6)
045.ユラニアの少年 (1994/9)
046.闇の中の怨霊 (1994/12)
047.アムネリスの婚約 (1995/4)
048.美しき虜囚 (1995/6)
049.緋の陥穽 (1995/9)
050.闇の微笑 (1995/11)
051.ドールの時代 (1996/4)
052.異形の明日 (1996/6)
053.ガルムの標的 (1996/9)
054.紅玉宮の惨劇 1996/12)
055.ゴーラの一番長い日 (1997/2)
056.野望の序曲 (1997/5)
057.ヤーンの星の下に (1997/8)
058.運命のマルガ (1997/11)
059.覇王の道 (1998/1)
060.ガルムの報酬 (1998/4)
061.赤い激流 (1998/7)
062.ユラニア最後の日 (1998/10)
063.時の潮 (1999/1)
064.ゴーラの僭王 (1999/2)
065.鷹とイリス (1999/4)
066.黒太子の秘密 (1999/6)
067.風の挽歌 (1999/8)
068.豹頭将軍の帰還 (1999/11)
069.修羅 (1999/12)
070.豹頭王の誕生 (2000/2)
071.嵐のルノリア (2000/3)
072.パロの苦悶 (2000/5)
073.地上最大の魔道師 (2000/7)
074.試練のルノリア (2000/8)
075.大導師アグリッパ (2000/10)
076.魔の聖域 (2000/12)
077.疑惑の月蝕 (2001/2)
078.ルノリアの奇跡 (2001/3)
079.ルアーの角笛 (2001/6)
080.ヤーンの翼 (2001/8)
081.魔界の刻印 (2001/10)
082.アウラの選択 (2001/12)
083.嵐の獅子たち (2002/2)
084.劫火 (2002/4)
085.蜃気楼の彼方 (2002/6)
086.運命の糸車 (2002/8)
087.ヤーンの時の時 (2002/12)
088.星の葬送 (2003/2)
089.夢魔の王子 (2003/4)
090.恐怖の霧 (2003/6)
091.魔宮の攻防 (2003/8)
092.復活の朝 (2003/10)
093.熱砂の放浪者 (2004/2/10)
094.永遠への飛翔 (2004/4/9)
095.ドールの子 (2004/6/10)
096.豹頭王の行方 (2004/8/6)
097.ノスフェラスへの道 (2004/10)
098.蜃気楼の旅人 (2004/12)
099.ルードの恩讐 (2005/2)
100.豹頭王の試練 (2005/4/8)
101.北の豹、南の鷹 (2005/5/10)
102.火の山 (2005/6/9)
103.ヤーンの朝 (2005/8/9)
104.湖畔のマリニア (2005/10/7)
105.風の騎士 (2005/12)
106.ボルボロスの追跡 (2006/2)
107.流れゆく雲 (2006/4)
108.パロへの長い道 (2006/6)
109.豹頭王の挑戦 (2006/8)
110.快楽の都 (2006/10)
111.タイスの魔剣士 (2006/12)
112.闘王 (2007/2)
113.もう一つの王国 (2007/4)
114.紅鶴城の幽霊 (2007/6)
115.水神の祭り (2007/8)
116.闘鬼 (2007/10/15)
117.暁の脱出 (2007/11/15)
118.クリスタルの再会 (2007/12/15)
119.ランドックの刻印 (2008/2/15)
120.旅立つマリニア (2008/4/15)
121.サイロンの光と影 (2008/6/15)
122.豹頭王の苦悩 (2008/8/15)
123.風雲への序章 (2008/10/15)
124.ミロクの巡礼 (2008/12/15)
125.ヤーンの選択 (2009/2/15)

■外伝 詳細 → Flinker.jp『グイン・サーガ外伝』(栗本 薫 著)

001.七人の魔道師 (1981/2)
002.イリスの石 (1982/3)
003.幽霊船 (1983/2)
004.氷雪の女王 (1983/1)
005.時の封土 (1984/12)
006.ヴァラキアの少年 (1986/2)
007.十六歳の肖像 (1986/12)
008.星の船、風の翼 (1990/3)
009.マグノリアの海賊 (1990/12)
010.幽霊島の戦士 (1997/6)
011.フェラーラの魔女 (1997/10)
012.魔王の国の戦士 (1997/12)
013.鬼面の塔 (1998/3)
014.夢魔の四つの扉 (1998/6)
015.ホータン最後の戦い (1998/9)
016.蜃気楼の少女 (1999/9)
017.宝島 (上) (2002/10)
017.宝島 (下) (2002/11)
018.消えた女官 -マルガ離宮殺人事件- <アルド・ナリス王子の事件簿 1> (2003/12)
019.初恋 (2004/5/7)
020.ふりむかない男 <アルド・ナリスの事件簿 2> (2006/1)
021.鏡の国の戦士 (2007/07)
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://taidoku.blog112.fc2.com/tb.php/4-aa9d0e3a

トラックバック

[T6]

グイン・サーガ『グイン・サーガ』は、栗本薫によるヒロイック・ファンタジー小説。概要豹頭の戦士であるグインを主人公として、架空の世界、架空の時代に生きる、彼を中心とするさまざまな人物の生と死の波乱を描いた大河小説。『三国志』を彷彿とさせるような、国と国との

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

自己紹介

読瀬 大作

Author:読瀬 大作
本大好き人間。
書評というより感想ですか?
読後所感を書いてます。
グイン・サーガ一覧

詳しくは→ 

検索

お疲れさまです

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。