Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://taidoku.blog112.fc2.com/tb.php/41-1d4d5474

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

闇の司祭-グイン・サーガ(29)

闇の司祭―グイン・サーガ(29)
栗本 薫
4150302782


【闇の司祭勝手にあらすじ】
-第5部・風雲編6-
アムネリスはイシュトヴァーンの手を借り、無事囚われの身から開放される。
一方グインはユラニア宮廷アルセイスへと乗り込み、尋常な気配を察知する。

【読破感想】 熱中度:★★★★★
アムネリスは無事にクム大公の下から逃げ出すことに成功しました。
しかし、アムネリスとイシュトヴァーンはよく喧嘩してますなぁー。
仲が良いのか悪いのか…

そして。
グインがユラニアの宮廷に乗り込むのですが…
笑った。天野さん(挿絵師)に見事笑わせてもらいましたよ。

前々から話の中で『ユラニアの三醜女』という表現が出てきていたのですが、ここまで酷いのかと!
「ぶさいくすぎる」「嫁の貰い手がない」だの散々書かれていたので興味津々。
実際、彼女たちの容姿の表現もさることながら、挿絵がトンでもなく凶暴でした。
酷い、酷すぎる!!(笑)

グインが彼女たちと食事をするシーンがあるのですが、この世の物とは思えないおぞましい光景でした。グイン可哀想すぎ…

特に次女のネイリがグインをいたく気に入った模様で、しつこく付きまとったりして。

 逃げてー! グイン、逃げて~!!!

と思わず本を片手に叫んでしましました。

まぁグインのことですので、サラリとその攻撃をかわし(笑)、襲われるという心配はなかったので一安心でしたが。
もう、3人の誰かとグインが結婚させられるんじゃないかとヒヤヒヤです。
次巻、心配すぎです。
.
グイン・サーガ覚書
100巻目が豹頭王の花嫁になる予定らしい。
…100巻目でしたか?(笑)
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://taidoku.blog112.fc2.com/tb.php/41-1d4d5474

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

自己紹介

読瀬 大作

Author:読瀬 大作
本大好き人間。
書評というより感想ですか?
読後所感を書いてます。
グイン・サーガ一覧

詳しくは→ 

検索

お疲れさまです

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。